ボディコーティング

カーディティーリングショップ アルチザン

052-303-5523

〒454-0962 愛知県名古屋市中川区戸田5-2006

営業時間:9:00~18:00 不定休

lv

ボディコーティング

Body Coating

RECOMMEND

201453111533
2014531104931
img_body02
≫エシュロンの特設サイトはコチラ

究極の超撥水皮膜

当店おすすめのECHELON Zen-Xero(R)。圧倒的な撥水力を誇る理由は新開発の「撥水トップコート」にあります。従来の技術では単なる上塗りでしたが、本液である「ポリシラザンとの融合を前提に専用の「特殊フッ素剤」として設計されました。「自力でカーコーティングしてはみたが、全く水を弾かなかった」、「どのコーティング剤を使っても効果がそこまで変わらないように感じる」という方にぜひおすすめです。機能性だけでなく美しさまで兼ね備えた、これまでとは次元が違う「撥水性」をご体験ください。

2014531142822
img_body03

高硬度柔軟性3Dネットワーク構造

コーティングのメリット?

コーティングすることで作られる保護膜が車を汚れや雨などから守ること、万が一汚れても水洗いですぐに落ちるため、洗車の負担が軽減されることなど、メリットは幾つもあります。ECHELON NANO-FILは、コーティングの基本(原点)を「塗装の美観を長期間維持する」ことであるとし、それを徹底的に追求した結果生み出された、新しい概念の被膜形成(3Dネットワーク構造)です。一度使えば、その効果持続期間の長さに感動すること間違いなしです。

201453115313
img_body04

親水被膜が生み出す防汚性

洗車の度に複数の洗剤などを用意しなくても、カーコーティングを施せば水洗いで汚れが簡単に落ちるようになります。ECHELON CS-1は無機質の親水性被膜を塗装面に形成することで、「窓ガラス」のような状態になります。すると水が薄い膜となって流れることでセルフクリーニング効果が作用し、塗装面に付着した汚れを一緒に落としてくれます。汚れを寄せ付けない美しいボディを長期間維持でき、汚れがついてしまってもほとんど手間をかけずに落とせるため、コーティング本来の目的を体感できる機能性に優れた製品です。

20141010173825
img_body05

高純度無機質のガラス被膜

Echelon New Version は、無機質であるパーヒドロポリシラザン(PHPS)を原料としたコート剤です。ガラス系コーティング剤の中でもトップレベルの硬度と耐熱性を誇り、傷付きにくく、驚くほど長期間美しさを保ちます。超薄膜なのにもかかわらず高いポテンシャルを発揮できるのは、この「超硬度」によるものです。忙しくてなかなかお手入れに時間が取れないが、いつもきれいな車に乗っていたいという方や、長く付き合っていきたい愛車があるという方はぜひ施工されてみてはいかがでしょうか。

%e3%82%a2%e3%82%ba%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%82%b4
truth02-img

≫アズールシーの特設サイトはコチラ

車の美しさとは…を追求

コーティングは車の塗装を守るための工夫です。さらにそれを突き詰めていくと、コーティングには「ただ塗装を守るだけの役目」だけではなく、車における「美」を保つ役割があるのではないかとも考えられます。AzureSea(アズールシー)はまさに「美しい車とは…」をコンセプトとして開発されたコート剤です。日本人の繊細な感性に訴えかけ、美しさを感じさせる艶やかな水滴の流れを実現します。「汚れや傷がつきにくい」、「汚れがついてもすぐ落ちる」だけではなく、弾かれた水滴の軌跡にまでこだわりたいという方、ぜひAzureSeaをご利用ください。

Flow

Step1

imgp1676

洗車

カーシャンプーによる洗車この段階で細部の洗浄を見落とすと以降の工程に影響が出るため、入念に行う。

Step2

imgp1677

セラミック粘土処理

塗装面に刺さった鉄粉・ペイントミスト等を専用粘土で除去
塗装面に異物が残ったままバファ処理を行うと磨いているつもりが傷をつけている状態になるため、何度も確認しながら行う。

Step3

2009_1222%e7%94%bb%e5%83%8f0001

マスキング

エッジ部分やパネル同士の隙間部分等、塗装の弱い箇所を保護

研磨によりダメージを受ける恐れのある部分は取り返しがつかなくなり前に神経質なくらいしっかりと養正

Step4

imgp1699

1st ポリッシュ処理

荒れた塗装面の初期研磨

全体的な磨きのクオリティはこの段階でかなり決まってしまうため、コンパウンドとバフの選定を確認しながら行う。(初期研磨で処理できなかった酸化被膜やスクラッチ等は以降の工程では処理が困難)

Step5

imgp1700

2nd ポリッシュ処理

荒れた塗装面の初期研磨

全体的な磨きのクオリティはこの段階でかなり決まってしまうため、コンパウンドとバフの選定を確認しながら行う。(初期研磨で処理できなかった酸化被膜やスクラッチ等は以降の工程では処理が困難)

Step6

imgp1702

3rd ポリッシュ処理

塗装面の鏡面研磨処理

最後のほんのわずかな艶の違いがこの工程で問われる。コンパウンドもナノレベルを使用。(なお便宜上3段階のバファ処理に分けましたが回数及び使用されるバフ&コンパウンドの種類は塗装面の状態により変えます。4~5工程行う場合もあり)

Step7

imgp1707

脱脂

コーティング剤の乗りを良くするため余分な油分を除去

主にシリコンオフで行いますが、場合によって脱脂シャンプーでボディ全体を洗浄することもあります。(塗装面に滞在しているコンパウンドの量などによって施工方法を変えます)

Step8

imgp3430

コーティング

オーナー様の使用環境や条件により液剤を使い分ける

速乾タイプ、遅乾タイプ、機会塗り込み、手塗り等コーティング剤の種類によって施工方法や施工時間も変わってきます。

Step9

imgp1706

拭き取り&ムラ消し

コーティング剤のムラを様々な角度から視ながら取り除く

塗り込み以上に拭き取りには時間と神経を要します。今までの工程の集大成ともいえます。

お問い合わせはコチラ

〒454-0962 愛知県名古屋市中川区戸田5-2006
営業時間:9:00~18:00 不定休

2017-04-07-10-23-46

TOP