施工事例

カーディティーリングショップ アルチザン

052-303-5523

〒454-0962 愛知県名古屋市中川区戸田5-2006

営業時間:9:00~18:00 不定休

lv

施工事例

施工事例

トヨタ クラウン(GRS180)

10年経過のお車です。 ウォータースポット(以下WS)、ヘアスクラッチ(以下HS)の付着も経過相応と思います。 磨き作業のポイントは、「どこまでピンホール(経過によって発生する塗装面の気孔)」を除去でき…
詳細はこちら

ダイハツ ミライース(LA300S)

5年経過のお車で、ガレージ保管のグッドコンディションです。 ヘアスクラッチ&ウォータースポットの付着も穏やかです。 【初期研磨のセット内容】 毛先8ミリのポリッシングウールバフ+KATANA「MX」コンパ…
詳細はこちら

スズキ MRワゴン(MF21S)

ちょうど3年前に当店でボディコーティングを施したお車で、とても良いコンディションをキープされています。 平面箇所は経年相応のウォータースポット類が付着していますが、ヘアスクラッチ類が少なく酸化皮膜の…
詳細はこちら

スズキ スペーシア(MK42S)

下地処理 初期研磨→フォロー研磨→仕上げ磨き→脱脂洗浄(写真2~5 ヘッドライトのコンディションにって作業内容は変化)。 貼付作業ですが、まずはフェンダー側の端を固定します。 定着液を使用してしっかりと…
詳細はこちら

アウディ TTクーペ(8JBWA)

ライトレンズのコンディションはとても良くて、下地処理のバファ処理も「ガチ」の必要はありませんでした。 初期研磨(2枚目写真)。 初期研で発生した、コンパウンドの「埋まり」を抜くフォロー研磨(3枚目写…
詳細はこちら

マツダ アクセラスポーツ(BM5AS)

左ライトレンズに物凄く深いキズが入っております。 (3枚目写真)まずはペーパー掛けですが、車両がまだ新しくライトレンズのコンディションがとても良いので、ペーパー掛けは避けたいところです。 確実にハード…
詳細はこちら

トヨタ エスクァイア(ZRR80G)

お子様が、食器洗いスポンジの裏面(ナイロンたわし)でボディを擦ってしまい、ガッチリとペンシルスクラッチが入っていました。 箇所は右スライドドアの上部で、手のひら4つ分程度の範囲です。 ちょうどプレス…
詳細はこちら

トヨタ アルテッツァ(GXE10)

今回はヘッド+フォグの施工となりました。 ライトレンズのコンディションは比較的良い状態で、リフレッシュ作業も「ガチ」の必要がありません。 いつものように初期研磨から開始(2枚目写真)。 コンパウン…
詳細はこちら

スズキ カプチーノ(EA11R)

21年経過のお車ですが、ライトレンズのコンディションはひどくありませんでした。 ハードコートの剥離が無いように思われます。 ・粗磨き…コンディションにもよりますが、「ナノ」系(自己粉砕型)のコンパウン…
詳細はこちら

トヨタ ハリアー(ACU30W)

6年経過のお車ですが、塗装のコンディションは相応かと思います。 ボディカラーは黒のソリッド(CD:202)。 【初期研磨】 セット内容は、毛先8ミリのポリッシングウールバフ+シングルアクションポリッシャ…
詳細はこちら

レクサス GS450h(GWL10)

6年経過のお車です。 磨き作業は初期研磨から開始。 毛先8ミリのポリッシングウールバフ+スーパーPM「ナノ」コンパウンド+シングルアクションポリッシャー(中高回転)のセット内容で1st ポリッシュ。 この…
詳細はこちら

トヨタ カローラフィールダー(NZE141G)

10年経過のお車で、カラーは白のソリッドです。 経年によるチョーキングを起こしていまして艶が失われています。 艶引けによって目立っていない「隠れスクラッチ」も想定して、磨き作業は「ガチンコ」で行いま…
詳細はこちら

メルセデスベンツ S550(W222)

レンズのコンディションはとても良い状態ですが、3ヶ月前にコーティングを施しておりますので、コート層を剥ぐ目的も兼ねてバフ掛けを行います。 それ程ハードな研磨レベルは必要ありません。 メーカー基準の…
詳細はこちら

VW ゴルフR(AUCJXF)

当モデルのゴルフは、新車から2~3年でご覧の通り超微細なクラッキングが発生してしまうようです。 クラッキングに関しては、素材そのものが「ひび割れ」しているケースが殆どで、通常行っている「(表面)研磨」で…
詳細はこちら

ホンダ フィット(GK3)

前日に納車されたばかりのお車です。 ボディのコンディションは…所々「巻き(バフ目)」が目立ちます(Before写真)。 このバフ目は、生産ライン(塗装工程)で発生した「ゴミ噛み」などを補修(ブツ取り)した…
詳細はこちら

三菱ふそう スーパーグレート

まずは内装パーツの分解でが、イチバン最初に気にするのはルームミラーの取り付けボルトです(2枚目写真)。 何故かは分かりませんが、このボルトは物凄く締め付けが硬いです(車種問わず)。 普通にドライバー…
詳細はこちら

ダイハツ タント(L375S)

9年経過、64,000㎞走行のお車で、コンディションはミディアムハード?でした。 クライアントさんがイチバン気にされていたのが天井のシミです(4枚目写真)。 シミの色的に「コーヒー」かと思われました。 基…
詳細はこちら

トヨタ ヴォクシー(AZR60)

ツメが引っかかる程の深さのあるキズでした。 塗装自体がわりと柔らかいので、除去そのものはそれ程難しくはないのですが、イチバンのポイントはやはり塗膜のマージンです。 キズを根こそぎ「落としきる」という…
詳細はこちら

トヨタ クラウン(GRS200)

5年経過のお車です。 ウォータースポット類の付着は極少ですが、ヘアスクラッチ&ペンシルスクラッチがハードです。 初期研磨のセット内容は以下の通りです。 毛先12ミリのファーストカットウールバフ+スーパ…
詳細はこちら

ポルシェ カイエン(9PAM4851A)

9年経過のお車で、ハードコートの劣化&剥がれ、クラッキングの発生もあり、かなりのダメージを受けてみえます。 【処理フロー】 ・初期研磨の「粗磨き」を施します。(3枚目写真) 粗磨きという事で、粗いコ…
詳細はこちら

TOP